太古の人の暮らしをのぞいてみよう

TEL.0238-52-2585

〒992-0302 山形県東置賜郡高畠町大字安久津2117
e-mail:122@town.takahata.yamagata.jp
info@ukitamu.pupu.jp

催し物案内
このエントリーをはてなブックマークに追加
体 験 学 習
Ⅰ勾玉・弓矢・石器をつくろう(事前申込み不要)

 勾玉は滑石というやわらかい石、石器は頁岩という石を使って、弓矢は竹を加工してつくります。
  
令和2年5月30日(土) 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止いたします。
      7月18日(土) 
      11月3日(祝)

                    勾玉をつくろう                    勾玉完成

                  弓矢をつくろう                     弓矢試射

                 石器をつくろう1                    石器をつくろう2

Ⅱ 親子でガラス玉をつくろう  
 
  
 古墳から出土したガラス玉を観察し、ガラス玉の加工方法の一つの「巻き付け技法」を体験します。石器は頁岩という石を使って、弓矢は竹を加工してつくります。
  令和2年 6月13日(土) 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止いたします。
      11月28日(土)


     
       ガラス玉をつくろう①                ガラス玉をつくろ②

              ガラス玉をつくろう③                  完成したガラス玉

Ⅲ コースターをつくろう 
  縄文・古代の技術をカラムシからとった繊維を使ってアンギン台やミニ機織機でコースターをつくります。

 令和2年 6月20日(土)新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止いたします。
     12月5日(土)


 
                   アンギン台               アンギン台での織り体験

           
コースター完成                ミニ機織機での織り体験①

        
ミニ機織機での織り体験②              ミニ機織機での織り体験③

Ⅳ 古代風ブレスレットをつくろう
   
 
古代から人々の生活で使われてきたアサの紐を編んで自分だけのブレスレットをつくります。
  令和2年6月20日(土) 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止いたします。
      12月5日(土)
 

       
古代風ブレスレットをつくろう1              完成した古代風ブレスレット
Ⅴ 大人の自由研究
 7月はカラムシを育てて繊維をとり、12月はとった繊維で糸や布を作ります。
   令和2年7月25日(土)    
      12月19日(土)   
 
           カラムシから繊維をとる1          カラムシから繊維をとる2

           
カラムシからとった繊維                  糸をつくる

             
糸を織る①                     糸を織る②

Ⅵ 赤ちゃんの手形を作ろう    
 例年4月から5月の大型連休中に開催していた行事ですが、今年度はお盆に開催することとなりました。0歳から3歳児が主な対象者となりますが、小学生まで受け付けますので、成長の証の記録として挑んでみませんか。

 令和2年8月8日(土)~令和2年8月13日(木)
  ※最終日の13日(木)は11時で受付を終了させていただきます。


                                           手形とり①

                                            手形とり②

研 修 会
Ⅰ春の遺跡めぐり    
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止いたします。
  令和2年5月31日(日) 宮城県東松島市の史跡・遺跡・文化財をめぐります。
            ※秋の遺跡めぐりにスライドします。


Ⅱ遺跡の旅  
  令和2年7月11日(土)~12日(日) 栃木県中南部の遺跡や博物館等を見学します。
                 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止いたします。 
Ⅲ秋の遺跡めぐり 
 
 令和2年10月17日(日) 宮城県東松島市の史跡・遺跡・文化財をめぐります。
                ※秋に予定していました西川町の遺跡めぐりは次年度に繰り延             べさせていただきます。
講 座
Ⅰ 館長講座(全3回)  
 「小山崎遺跡を知ろう」と題して令和2年3月10日に国の史跡に指定された遊佐町小山崎遺跡の調査成果を7月5日(日)、19日(日)、26日(日)3回にわたって解説します。26日は現地見学になります。
開講時間は5日と19日はとも13:30~16:00で、26日は8時考古資料館出発となります。
  対 象:一般30名程度
  資料代:1回300円。現地見学は実費となります。

Ⅱ 第22期考古学セミナー(全3回)
 第28回企画展「水木田遺跡と縄文時代中期前半の山形」の開催にちなみ、縄文時代中期前半の庄内、最上、村山、置賜の各遺跡の発掘調査の成果と当該期の住居や集落、出土品についてお話しをうかがいます。 開講時間は各日とも13:3016:00です。

 対 象:一般50名程度
  参加費:全31,500(1600)
 令和2年9月27()
「重要文化財 水木田遺跡出土品について」 阿部 明彦氏(山形考古学会副会長)
「庄内地域の縄文時代中期前半について」  須賀井新人氏((公財)山形県埋蔵文化財セ                            ンター)
 令和210月11日(日)
「最上地域の縄文時代中期前半について」  水戸部秀樹氏
((公財)山形県埋蔵文化財セ                            ンター)
「村山地域の縄文時代中期前半について」  渋谷 孝雄  (うきたむ風土記の丘考古資                            料館)

 令和21018(日)   
「東置賜地域の縄文時代中期前半について」 菊地 政信氏 (日本考古学協会会員
「西置賜地域の縄文時代中期前半について」 岩崎 義信氏
(長井市教育委員会)


Ⅲ 企画展記念講演会   
 
令和2年11月15日(日)「山形県の縄文時代中期前半の文化動態
                  講師 菅原 哲文氏 (多賀城市教育委員会)
 

Ⅳ うきたむ学講座
 ※うきたむ学講座実行委員会と共催(開催内容未定)

約200キロ離れた台湾の東海岸を出航してから約45時間。全長7・5メートルの丸木舟「スギメ」が7月9日、黒潮を越えて与那国島の砂浜に到着した。

Ⅵ 考古資料検討会
 
※山形考古学会と共催(開催内容未定)
※令和2年度年度催し物  イベントカレンダーはこちら 詳細はこちら