太古の人の暮らしをのぞいてみよう

TEL.0238-52-2585

〒992-0302 山形県東置賜郡高畠町大字安久津2117
e-mail:122@town.takahata.yamagata.jp
info@ukitamu.pupu.jp

催し物案内
このエントリーをはてなブックマークに追加
体 験 学 習
Ⅰ 赤ちゃんの手形を作ろう    終了しました
 
 平成31年4月30日(火)~令和元年5月5日(日)
   平成最後の日と新しい元号令和を手形に刻んでみませんか。

                                           手形とり①

                                            手形とり②

Ⅱ 勾玉・弓矢・石器をつくろう(事前申込み不要)
  
 令和元年5月25日(土)      詳細はこちら 終了しました
        7月13日(土)       終了しました
        11月3日(日・祝)
   終了しました

                  勾玉をつくろう                    勾玉完成

                 弓矢をつくろう                       弓矢試射

                石器をつくろう1                    石器をつくろう2

Ⅲ 親子でガラス玉をつくろう  6月の各体験の楽しみ方はこちら
 
   令和元年6月16日(土)詳細はこちら 終了しました
        11月30日(土)詳細はこちら   
 古墳から出土したガラス玉を観察し、ガラス玉の加工方法の一つの「巻き付け技法」を体験します

              ガラス玉をつくろう①               ガラス玉をつくろ②

              ガラス玉をつくろう③                  完成したガラス玉

Ⅳ カラムシで布を作ろう    
 
令和元年6月15日(土)      詳細はこちら 終了しました
     11月30日(土) 詳細はこちら
 カラムシからとった繊維を使ってアンギン台やミニ機織機でコースターをつくります。     


                 アンギン台                   アンギン台での織り体験

                  コースター完成                ミニ機織機での織り体験①

               ミニ機織機での織り体験②              ミニ機織機での織り体験③

Ⅴ 古代風ブレスレットをつくろう
   
   令和元年6月22日(土)     詳細はこちら 終了しました
      11月3日(日・祝)       終了しました

 古代から人々の生活で使われてきたアサの紐を編んで自分だけのブレスレットをつくります。 

           古代風ブレスレットをつくろう1              完成した古代風ブレスレット
Ⅵ 大人の自由研究
   令和元年7月21日(土)    詳細はこちら終了しました
      12月14日(土)   詳細は
こちら
 前半はカラムシを育てて繊維をとり、後半はとった繊維で糸や布を作ります。

           カラムシから繊維をとる1          カラムシから繊維をとる2

           カラムシからとった繊維                  糸をつくる

             
糸を織る①                     糸を織る②
Ⅶ スクールオブジョウモン
 
 令和元年8月10日(土)   詳細はこちら 終了しました
 夏休みの丸1日、縄文を体験します。

           石器づくりをみる              火をおこす① 
             火をおこす②             シカ肉を食べる

            
  クルミを割る            ドッキーを作る
研 修 会
Ⅰ春の遺跡めぐり    詳細はこちら
終了しました
  令和元年年5月26日(日) 最上町の史跡・遺跡・文化財をめぐります。

Ⅱ遺跡の旅      終了しました
  令和元年6月29日(土)~30日(日) 栃木県の遺跡や博物館・資料館を見学します。

Ⅲ秋の遺跡めぐり  終了しました
 
 令和元年10月5日(日) 宮城県蔵王町方面の遺跡や文化財をめぐります。

講 座
Ⅰ 特別テーマ展関連講座(全3回)  詳細はこちら 終了しました
 『花沢a遺跡の置賜の縄文時代中期後半の世界』の開催にちなみ、展示遺跡の発掘担当者や当該期の研究者の方から山形県内の縄文時代前期後半の諸問題についてお話をうかがいます。以下の期日に開講します。開講時間は各日とも13:30~16:00です。
  対 象:一般50名程度
  参加費:全3回1,500円(1回600円)

令和元年6月23日(日) 終了しました
「米沢市内の縄文時代中期後半の遺跡」     手塚 孝 氏(米沢市教育委員会)
「高畠町の縄文時代中期後半の遺跡」      井田 秀和氏(高畠町教育委員会)

令和元年年7月7日(日) 終了しました
「長井市の縄文時代中期後半の遺跡」      岩崎 義信氏(長井市教育委員会)
「小国町の縄文時代中期後半の遺跡」      阿部 明彦氏(山形考古学会副会長)

令和元年7月14日(日) 終了しました
「花沢a遺跡の調査と出土品」         佐藤 智幸氏(米沢市教育委員会)
「山形県内の縄文時代中期後半の炉と土器の変遷」菅原 哲文氏((公財)山形県埋蔵文化                             財センター)


Ⅱ 第21期考古学セミナー(全3回) 終了しました
 第27回企画展「縄文時代後期の山形」の開催にちなみ、縄文時代後期の置賜、村山、最上、庄内の各遺跡の発掘調査の成果と当該期の住居や集落、墓についてお話しをうかがいます。 開講時間は各日とも13:3016:00です。

 対 象:一般50名程度
   参加費:全31,500(1600)
令和元年9月29()     終了しました
「置賜の縄文時代後期の遺跡」     手塚孝 氏(米沢市教育委員会)
「村山の縄文時代後期の遺跡」     植松 暁彦氏((公財)山形県埋蔵文化財センタ                          ー)

令和元10月6日(日)   終了しました
「最上の縄文時代後期の遺跡」     水戸部秀樹氏
((公財)山形県埋蔵文化財センタ                          ー)
「庄内の縄文時代後期の遺跡」     渋谷孝雄  (うきたむ風土記の丘考古資料館)

令和元1013(日)   
「縄文時代後期の住居と集落」終了しました     菅原 哲文氏 ((公財)山形県埋蔵文化財センタ                          ー)
「縄文時代後期の墓-秋田を中心に-」 小林 克 氏
(三内丸山遺跡発掘調査委員会委                          員長)


Ⅲ 企画展記念講演会   
 
令和元年11月17日(日)「縄文時代後期の山形について
             講師 小林圭一氏 ((公財)山形県埋蔵文化財センター)
 

Ⅳ うきたむ学講座    
 
特別講座  終了しました
 
溝で囲まれた遺跡に迫る―大南遺跡―」
   日 時:令和元年6月1日(土) 13:00-16:00
   会 場:山形県立米沢女子短期大学 C201教室

   
 主催:うきたむ学講座実行委員会・米沢史学会(米短日本史学科)
   
後援:米沢市教育委員会・山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館・山形県立米沢女子短期大学

 第1回講座:令和2年1月12日(日)13:00-16:00
   開講式

  講座①「伊佐早謙が残した林泉文庫について」 新宮 学氏 (山形大学)  
  講座②「戦国末期から近世前期の土豪と村落-小国石滝村・五味沢村の両齋藤家の事例を通し-」  
                      渡部 眞治氏(徳太郎文庫)
 第2回講座:令和2年2月2日(日)13:00-16:00
     講座③「鉱山と鉱床の形成過程 (仮題)」    中島和夫氏(山形大学) 

 第3回講座:令和2年3月1日(日)13:00-16:00 
  講座④「長井市の仏像・神像について」     長坂一郎氏 (東北芸術工科大学)
  講座⑤「長井市史編纂事業について」         岩崎義信氏 (長井市教育委員会)
   閉講式

  ※講師・演題については現在交渉中のものもありますので、決定次第、変更いたしますのでご了承下さい。

Ⅴ特別講演会
 
令和2年1月26日(日)
 
「旧石器時代の丸木舟製作と航海の記録−木の伐採と加工にかかる石器製作と使用痕跡  の研究−」           講師 山田 昌久 氏 (首都大学東京特任教授)
  
2019年7月、台湾の東海岸を出航してから約45時間後、全長7.5メートルの丸木舟が黒潮を越えて約200キロ離    れた与那国島の砂浜に到着しました。3万年前の航海再現するためという目的がありました。この 国立科学博    物館の「3万年前の航海徹底再 現プロジェクト」で丸木舟の製作に必要な石斧の製作、立木の伐採、丸木舟の    製作にあたられた山田先生からお話をうかがいます。

約200キロ離れた台湾の東海岸を出航してから約45時間。全長7・5メートルの丸木舟「スギメ」が7月9日、黒潮を越えて与那国島の砂浜に到着した。


Ⅵ 考古資料検討会
 
令和2年2月9日(日) 
  平成31年度に調査を実施した遺跡などの成果報告を行います。
  対 象:一般50名程度
  参加費:500円

   ※山形考古学会と共催
※平成31年度催し物  イベントカレンダーはこちら 詳細はこちら