太古の人の暮らしをのぞいてみよう

TEL.0238-52-2585

〒992-0302 山形県東置賜郡高畠町大字安久津2117
e-mail:122@town.takahata.yamagata.jp
info@ukitamu.pupu.jp

催し物案内
このエントリーをはてなブックマークに追加
重要文化財「彩漆土器」特別公開
高畠町押出遺跡から出土した国保有の重要文化財の彩漆土器10点に、5・6次調査で出土した2点を加えた12点をゴールデンウィーク中に一挙公開します。
一挙に公開するのは、今回が初めての試みとなります。是非御覧ください。

             
詳細こちら
体 験 学 習
Ⅰ 赤ちゃんの手形を作ろう   詳細はこちら
 
 平成30年4月28日(土)~4月30日(月)、5月3日(木)~5月6日(日)

                                           手形とり①

                                            手形とり②

Ⅱ 勾玉・弓矢・石器をつくろう(事前申込み不要)
  
平成30年5月19日(土)、7月14日(土)、11月3日(土・祝)   

                     勾玉づくり                    勾玉完成

                     弓矢づくり                       弓矢試射

                   石器づくり1                      石器づくり2

Ⅲ 親子でガラス玉をつくろう  
 
 平成30年6月16日(土)、12月1日(土)
 古墳から出土したガラス玉を観察し、ガラス玉の加工方法の一つの「巻き付け技法」を体験します

                   ガラス玉づくり1                  ガラス玉づくり2

Ⅳ カラムシで布を作ろう
 
平成30年6月16日(土)、12月1日(土)
 カラムシからとった繊維を使ってコースターをつくります。


                 アンギン台                   アンギン台での織り体験

               コースター完成                   ミニ機織機での織り体験

Ⅴ 古代風ブレスレットをつくろう
  
  平成30年6月23日(土)、11月3日(土・祝)
 古代から人々の生活で使われてきたアサの紐を編んで自分だけのブレスレットをつくります。 
              古代風ブレスレットづくり1              古代風ブレスレットづくり2
Ⅵ 大人の自由研究
  平成30年7月21日(土)、12月14日(土)
 前半はカラムシを育てて繊維をとり、後半はとった繊維で糸や布を作ります。

           カラムシから繊維をとる1          カラムシから繊維をとる2

           カラムシからとった繊維                 繊維を織る

Ⅶ スクールオブジョウモン
 
平成30年8月10日(金)   
 夏休みの丸1日、縄文を体験します。

          石器で野菜を切る            ドッキーをつくる

研 修 会
Ⅰ春の遺跡めぐり   詳細こちら

 平成30年5月20日(日) 仙台市方面の遺跡・博物館をめぐります。

Ⅱ遺跡の旅     
 平成30年6月30日(土)~7月1日(日) 茨城県中南部の遺跡や博物館・資料館を見学します。

Ⅱ秋の遺跡めぐり  
 
平成30年10月28日(日) 春に続き、仙台市方面の遺跡・博物館をめぐります。

講 座
Ⅰ 特別テーマ展関連講座(全3回)  
 『押出遺跡の6次調査と山形県内の縄文前期後半の世界』の開催にちなみ、展示遺跡の発掘担当者や当該期の研究者の方から山形県内の縄文時代前期後半の諸問題についてお話をうかがいます。以下の期日に開講します。開講時間は各日とも13:30~16:00です。
  対 象:一般50名程度
  参加費:全3回1,500円(1回600円)
 平成30年7月8日(日)
「押出遺跡第6次調査の成果」         水戸部秀樹氏((公財)山形縣埋蔵文化財センター)
「川内袋遺跡の調査成果」           斉藤 主税氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)
 平成30年7月15日(日)
「高瀬山遺跡の調査成果」          斉藤 主税氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)
「山形県内の縄文時代前期後半の土器様相」  小林 圭一氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)
 平成30年7月22日(日)
「山形県内の縄文時代前期後半の石器製作と組成」秦 昭繁氏(考古学研究家)
「山形県内の縄文時代前期後半の集落と暮らし」菅原 哲文氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)

Ⅱ 第20期考古学セミナー(全3回) 
 「古代から中近世の木簡と木製品」
 
企画展のテーマに沿って、古代から中近世の木簡と木製品について考えます。以下の期日に開講します。開講時間は各日とも13:30~16:00です。
  対 象:一般50名程度
  参加費:全3回1,500円(1回600円)

 平成30年9月30日(日)
「古代の木製品-建築部材・祈り・文字-」   佐藤 庄一氏(山形考古学会会長)
「大在家遺跡の木製品と文字資料」       井田 秀和氏(元高畠町教育委員会)

 平成30年10月14日(日)                            

「上高田遺跡の木製品と文字資料」       斎藤 健 氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)
「中近世の木製品と文字資料」         高桑 登 氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)

 平成30年11月4日(日)               

「馳上遺跡の木遺品と文字資料」        渡辺 和行氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)
「古志田東遺跡遺跡の木製品と文字資料」    手塚 孝 氏(米沢市教育委員会)


Ⅲ 企画展記念講演会
 
平成30年11月18日(日)「出土文字資料と古代出和国(仮題)
             講師 十川 陽一氏 (山形大学准教授)
 

Ⅳ うきたむ学講座
 
   ※うきたむ学講座実行委員会と共催(開催内容未定)

Ⅴ 考古資料検討会
 
平成30年2月3日(日) 
  2018年度に調査を実施した遺跡などの成果報告を行います。
  対 象:一般50名程度
  参加費:500円

   ※山形考古学会と共催
※平成30年度催し物  詳細はこちら